2011年2月28日月曜日

[三面]外国人同性愛者向秘密売春組織を摘発

カンボジアのプノンペン市人身売買対策・青年保護局は、プノンペン市一月七日区ヴィアル=ヴォン町のゲストハウスで営業していた外国人同性愛者向秘密売春組織を26日摘発し、経営者1名・共犯者2名・性従事者11名を逮捕した。カエウ=ティア局長が発表した。
警察ではおよそ1ヶ月にわたる捜査で、このゲストハウスが実はゲイ・レズビアン・高齢女性・外国人のための性サービスを提供する秘密の違法活動を行なっており、その方面のサービスを求める人々から数年にわたって人気を博している事実を突きとめた。
逮捕された14名は現在、プノンペン市警察局に拘置され取り調べを受けている。経営者1名・共犯者2名については今日27日立件される方針。
「性従事者でもあり、かつその種の性を求めて来ていた者でもある11名については、扱いをどのようにするか指示をあおいでいるところだ」と局長は述べた。


2011年02月27日
カンボジアウォッチ編集部